みぃ戦記☆

ヘタれゲーマーの筆者が、その時気になっているゲームについてゆるく語るブログ。wii・DS・3DS作品中心。(たまにレトロゲーム) ※二次創作サイト・村立☆にゃあみぃ傭兵団(URL: http://nyarmie.web.fc2.com/ )の更新報告も兼ねてます。

※お知らせ事項

☆当ブログは一個人のゲーム等のファン活動としてのブログです。著作者様、企業様、団体様とは一切関わりがないことを銘記しておきます。☆

2018.12.3
本体サイトの一部改装を行いました。
一部のファイル名を変更したため、キャッシュが残ってますと、リンク先を読み込めない可能性があります。
その場合は、キャッシュをすべて消していただくか、再読み込みしてからリンク先に飛んでください。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします、。

連載中のプレイ日記(リンクよりプレイ日記の目次ページに飛べます)
DQⅪ
UNDERTALE

連載終了したプレイ日記
サンムーン/ウルトラサンムーン
ファイアーエムブレム(FE)エコーズ

過去のお知らせ事項
2017.7.4
・ブログ拍手ボタンを撤去しました。沢山の拍手、本当にありがとうございました!
・コメント欄について:当ブログのコメント欄は承認制になっております。
スパム対策のため「http://」が禁止ワードになっております。もし自ブログなどのURLをお知らせされたい場合は、本文中にhttp://を省略したURLをご記入ください。
(※コメント情報入力欄に「URL」という項目がありますが、現在の設定では入力しても機能しないため入力不要です。)
なお、非公開コメント(管理人のみ閲覧可)も可能です。
※以前は「@」も禁止ワードにしておりましたが、現在は入力可能です。

2015.11.29
 サイト本体のモバイル端末からのアクセス時の携帯変換URLへの自動リンクをOFFにしました。 万一、「この変更のために見られなくなってしまった」等の不具合がありましたらご一報ください。 なお、携帯変換URLはこちらです。

UNDERTALEプレイ日記目次

UNDERTALE日記・目次ページです。
(不定期更新につき、この記事はプレイ日記更新のたびに上げておきます。)
記事本文はネタバレに注意ください。
ゲーム中のメッセージ引用は原文ママではありません。要約・意訳を多用しています。
ゲーム本編のメッセージはすべてひらがな表記ですが、本プレイ日記のメッセージは基本的に漢字かな表記で書いてあります。

① これは…歴史的な珍ゲーム…!(トリエル登場まで)
② 手探りで遊び方を覚えるRPG。(トリエルとの出会い~オバケとの戦いまで)
③ トリエルさんの覚悟。(トリエルの邸宅~遺跡の出口まで)

UNDERTALEやってるよ③ トリエルさんの覚悟。

以前、UNDERTALEは「OFF」というフリーゲームに雰囲気が似てる! と書いたけど、
雰囲気が似ているのは画面構成と序盤だけで、
ゲームを進めていくと、……全然違うやんけ! ってなります。
どっちもお勧めということ自体は、変わりませんが。

今回はトリエルの邸宅~遺跡の出口までです。

(余談ですが、12月5日にDQⅪのプレイ日記の続きを更新していますので、宜しければそちらの方もご覧いただけると幸いです^^)

【“UNDERTALEやってるよ③ トリエルさんの覚悟。”の続きを読む】

魔界村はエロい。(ファミコンOnline)&Dr.マリオの謎(解決編)

前回の記事の文末に、
「どうしてDr.マリオはカプセルが瓶いっぱいに詰みあがるとゲームオーバーなのか」
って疑問を書きましたが、
プレイを重ねるうちに、なんとなく分かってきました。

このウィルス特効薬、おそらくかなり高価なものなのですよ。
このカプセル、おそらく一回しか使うことができず、一度でも瓶に投薬してしまうと、廃棄するしかない代物。
マリオは病院に雇われた研究者の身。
マリオがウィルス相手に奮戦している様子は、当然、病院の偉いさんも見ていることになります。
で、カプセルが瓶いっぱいに詰みあがってしまうと、

「高い金払って特効薬を開発させていたのに、ウィルス一匹退治できないじゃないか!
お前はクビだ!!!」


……って感じで、
マリオは研究者としての職を失ってしまいます。
いわば、「医療とカネ」の問題ですね。

まぁ、アレですよ。
ヤブ医者ならぬ、「ヤブ研究者」のマリオさんは、おとなしく冒険でもしてなさいってこった。

      ☆

まぁ、そんな話はどうでもいいとして。
ファミコンOnlineのタイトル一覧を見てたらですね……、
やったことないけれど、ちょっと気になるのがあったんですよ。
それが、「魔界村」
アクションゲーマーの間でも「高難易度」と名高いゲーム。
一方、私はアクションの腕前に自信がない。
(BGMはyoutubeか何かで聴いたことがあって、結構お気に入り。)

……どれだけ難しいんだろうか?
ちょっとやってみようか。
そんな動機で始めてみました。

……はい噂の通り難しいですね。
何度もトライするのですが、大抵は序盤の弾を撃ってくるヘビさんがいるところで倒されてしまいます。
運が良いときは最初の動く橋のところまで行けるのですが。
(ちなみに家人(←アクションゲームの腕前は普通)は、中盤まで進めることができましたが、一面クリアできませんでした。)

そんなわけで、なかなか先に進めないんですが、
それでも何度もトライしてしまう魅力が、このゲームには、ある。
モンスターを倒す爽快感、というのも理由のひとつですが、
このゲーム、モンスターからの攻撃を受けると、主人公の鎧が剥がされるんですよね……

「なんだよ、そんなの有名な話じゃん!
それがどうしたんだよ!」


って声が聴こえてきそうですね。
でも考えてみてくださいよ……、
鎧の下に隠された筋骨隆々の美しいカラダ……
赤パンツ一丁の素晴らしい肉体……

それがモンスターの攻撃一発で露わになるんですよ!

モンスターに鎧を剥がされる度に、「イヤんエッチ!」って(脳内で)叫んでしまいます!

ちなみにファミコン版では赤パンツですが、原作であるゲーセン版では「イチゴパンツ」を穿いていらっしゃいます。


魔界村 アーサー


「ハダカになるつったって、ヒゲのオッサンだろ? そんなヤツのハダカ見てなにが楽しいんだ?」

ってツッコミが入りそうですが、
いや、実際、ファミコンゲームをよく遊んでいたあの頃の自分なら、同じように思ったと思うんですよね。
でも、ヒゲのオッサンフェチを発症してしまった近年の私に隙はありませんでした。

魔界村はエロい。

力強く、そう断言させていただきます!!!

当時このゲームを作ったカプコンのスタッフさん、時代の先をイキスギだろ……。

……ともかく。
魔界村の主人公さんが(主観的に見て)エロすぎるので、プロフィールを調べてみました。

名前:アーサー 年齢:28歳 国籍:イギリス人。

ふむ……。
同年に発売された※「スーパーマリオブラザーズ」のマリオが27歳のイタリア人だということを併せて考えると非常に感慨深いものがある。
(※魔界村初出はアーケード1985年稼働なので、そういう意味ではスーパーマリオ発売と同年ということになる。ファミコン版魔界村発売は翌年の1986年。)

Drマリオ
(画像は前回の記事の使いまわし)

ついでに言えば、同じカプコンから2015年に発売された大逆転裁判のバロックバンジークスが32歳のイギリス人で、オッサンではなくイケメンお兄さんってことを考えるとさらに感慨深いものが。

参考画像ばんじーくす
(とってもイケメンである)

他にも、アーサーの恋人が「プリンセス・プリンプリン」って名前だったりして、
ピーチ姫と何か近いようなものを感じてしまったり


……これ以上語ると長くなってしまいそうなので、ゲームプレイに戻りましょうか。

SwitchのファミコンOnlineには「どこでもセーブ」って機能があって、4つまでセーブすることができます。
この機能が便利すぎて……!
調子良く進めたらセーブ、やられちゃリセットって繰り返していたら、
魔界村、1面クリアできちゃいました!!!(゚▽゚*)

「あの頃クリアできなかったゲーム」
「難しそうで敬遠していたタイプのゲーム」
でもクリアすることができる、素晴らしい機能ですね!

一生遊ぶことないだろうなーって思ってたタイトルだったのに、発売から●十年経ってから、こんな風に楽しむことができるなんて、ゲームとの縁って、実に味わい深いものがあるなぁと思いました。

めでたしめでたし!ヽ(^▽^*ノ


Dr.マリオの謎。(ファミコンOnline)

Nintendo Switch Onlineに登録した。
Switchを家族で共用しているから、同時に遊びたい時に2台あるといいんじゃね?
→2台持ちならセーブデータのオンラインバックアップ必須だよね!
そうじゃなくてもバックアップあった方が安心だよね!
と、そんな感じで登録ぽちっと。

……で、Switch Onlineに登録すると、オマケとして(?) ファミコンOnlineも遊ぶことができる。
おー、結構タイトル数あるじゃないかー。
でもアクションやシューティングが多いなー。
あんま得意じゃないんだよなー。

その中で、私が過去にやり込みまくったソフトが一つだけあった。

Dr.マリオだ。

何を隠そう、私は数あるマリオシリーズの中で、
Dr.マリオが一番好きだ。
マリオシリーズで遊んだ本数自体がそんなに多くないので、未プレイで気になってるソフトもあるっちゃああるのだけど、
今は置いておく。

もう一度言う。
私は数あるマリオシリーズの中で、
Dr.マリオが一番好きだ。

理由は、この作品でのマリオが、お医者様だからである。
お医者様は、モテる。
……理不尽かもしれないが、世の中、そういうものなのだ。


Drマリオ


……と、よく分からない前置きはさておいて、
●十年前は、よく遊んだものである。
レベル20・スピードHiをクリアしまくって、ブイブイ言わせたものだ。(誰を?)
ウィルスたちがUFOに吸い込まれるエンディングも、記憶に焼き付いているぞ。
このエンディングは、スピードHiでしか、見られないものだ。

さーて、久しぶりにイッチョやってみますかね。
ちなみに、音楽は「FEVER」と「CHILL」の二択である。
「FEVER」も名曲だけど、私はいつもCHILLで遊んでいる。
怪しい曲調がタマラナイからだ。

………………
…………

あああああああ。
腕が……落ちてる………………。

てか、マリオ先生!
なんで青ウィルスばっかりの時に、黄色や赤のカプセルばっかり投げるんですか!!!
先生の所為で、ガラス瓶の中身はめっちゃくちゃですよ!!!
何を考えていらっしゃるのですか!!!


なんだろう。カプセルを適当に投げる男がマリオならば、
プレイヤーである私は、マリオ先生の助手の気分である。

ヤブ医者だ……、マリオ先生、ヤブ医者だ……。

どんなに医者探しに困っていたとしても、マリオ先生にだけは絶対に掛かりたくない。

何故、マリオ先生のカプセルは、欲しくない時に欲しくない色のカプセルを投げてくるのか。
プレイしながら、考えてみた。
何回かプレイして思ったことは、
マリオ先生には、「この色のカプセルを投げたい気分☆ミ」という「マイブーム」が発生するようなのだ。
例えば、赤色のカプセルを連続して5回も6回も投げるとか。
バランスよくカプセルを投げてくれれば助かるのだが、
マリオ先生は、自分のマイブームに忠実なのだ。

赤色のカプセルばかり投げる
      ↓
消せる範囲の赤色のウィルスがすべて消える
      ↓
それでも投げてくる
      ↓
仕方がないので別の色のウィルスの上にそれを置く
      ↓
違う色のカプセルを投げる(マイブームに変化が起きる)
      ↓
その時には既に赤いカプセルがウィルスの上に乗っているので、(※)
せっかくそれまでは欲しかったはずの色のカプセルが、邪魔なものになってしまう。

(※実際には単純な赤のカプセルだけなら対処は簡単なんだけど、赤・青や赤・黄の複合カプセルが落ちてくるので、置く場所に困って面倒なことになりやすい。
また「置く場所に困る状況」というのは、どうしても配置ミスを誘発しやすい。)


マリオ先生! 自分の気分で適当にカプセル投げないでください! なにがマイブームですか!
そんなだから世間からヤブ医者って呼ばれるのですよ!??

そもそも、Dr.マリオって本当にお医者様なのだろうか。
やってることは、ガラス瓶の中のウィルスを退治していることだけだけど……。

Dr.マリオのストーリーって、どんなものなんだろう。
私はパズルゲームとかによく付けられてる、適当でいい加減なストーリーが大好物だ。
ぐぐってみるか…… どれどれ……

───────────────────────────────────────────────────
ストーリー

やあ皆さん、ごきげんよう。私はマリオ、今までいろいろな冒険の旅をやってきたが、
今はある病院でウィルスの研究をやっている。さて、今日も研究を始めるとするか。

「ドクターマリオ、たいへんでーす!!」
「看護婦のピーチじゃないか、どうした?」
「新種のウィルスが発見されて、それがどんどん増殖を始めました!!」
「何! それは大変だ。ようーし、さきほど出来上がったばかりの特効薬で退治してくれるわ・・・・
・・・・こいつはよく効くぞ!!」

(FC版説明書より抜粋)


───────────────────────────────────────────────────

あれ? マリオって普段からこんな口調だったっけ?????
なんかピーチ姫も看護婦なんかやってるし!!!
病院でウィルスの研究をやっている……すなわち、医者じゃなくて研究者???
その割には聴診器や「額帯鏡(がくたいきょう)」(←ぐぐった)つけてて、いかにも「医者ですよ」アピールに余念がないんだけど!

それに・・・この話、根本的に何かがおかしい。

時系列順に整理してみようか。

1.マリオ、病院にてウィルスの研究を始める。
      ↓
2.マリオ、特効薬の開発に成功する。
      ↓
3.マリオ以外の誰かによって、新種のウィルスが発見される。
      ↓
4.マリオの開発した特効薬がウィルスに著効を示す。


ん……? 
マリオは発見されてもいないウィルスの特効薬をどうして開発しようと思ったのですかねぇ………???


……導き出される答えは一つ。
Dr.マリオは予知能力者だったのだ。

先生! ヤブ医者なんかやめて、その予知能力を活かす仕事に就いてください!

新ゲーム 「スーパーマリオ占い」 なんてどうですか!!!

さて、謎も解けたしとっとと寝るかー。

すると、寝る前に家人は言った。

「なんで、カプセルが瓶の上まで溜まるとゲームオーバーなんだろう。
カプセルなんか、スプーンで取り出すなどして除去すればいいのに。」


わー! また謎が増えてしまったじゃないか!!!
もう、マリオ先生なんて、知らない!!!!!


次回に続く。

DQⅪプレイ日記目次

DQⅪのプレイ日記・目次ページです。
(不定期更新につき、この記事はプレイ日記更新のたびに上げておきます。)

全体的にネタバレ注意です。当プレイ日記は本編シナリオ及び裏シナリオをクリアした後に書いているため、
進行度に関係なく、後の展開のネタバレを書くことがあります。ご注意ください。

① 悪魔の子ですが何か?(開始~デルカダール城)
② 時渡りの迷宮について。(迷宮の仕様についての感想)
③ 出デルカダール記。(デルカダール~イシの村再訪)
④ トイレDASHのごとく。(イシの村再訪~ホムスビ山地・荒野の地下迷宮)
⑤ 仕切り直してNEWゲーム。(開始~イシの村の成人の儀終了)
⑥ イシの村はステルス仕様。(イシの村~デルカダール城脱出まで)
⑦ デロロン、デロロン。(デルカダール城下町・下層~イシの村(2回目)まで)
⑧ ホントにピンチッチ!(デルカダール神殿~ヨッチ族の村まで)
⑨ そんなに、臭うのか???(ヨッチ族の村~ホムラの里まで)
⑩ 二人っきりの蒸し風呂屋。(ホムラの里のイベントまで)
⑪ この姉にして、この妹あり。(荒野の地下迷宮まで)

DQⅪについて語りたい⑪ この姉にして、この妹あり。

めっちゃ間隔が開いてしまいましたが、プレイ日記の続きですよ~。

今回は、荒野の地下迷宮です。

【“DQⅪについて語りたい⑪ この姉にして、この妹あり。”の続きを読む】

サイト改装してました。

ここ最近は、サイトを改装していました。
特に昨日から今日にかけて、メニューのファイル名を変えたりしていたので、
場合によってはリンク切れになっていることがあるかもしれません。
その場合は古いキャッシュが残っている可能性がありますので、
リンク先が表示されないという場合は、一度メニューページを読み込み直していただければ、正常に閲覧できます。(多分)

……もし不具合など御座いましたら、このブログにコメント入れてくださいまし!
(管理人のみ閲覧可能な鍵コメントも入れられますので、よろしくお願いいたします^^)

ちなみに昨日は、サイト開設13周年でした! おめでとー私!
改装しながら昔描いた絵などを見たりしました。
いっぱい描いたな~……。

(そして今日は、FEifのジョーカーの誕生日ですね! おめでとうございます(゚▽゚*))

FC2Ad