みぃ戦記☆

ヘタれゲーマーの筆者が、その時気になっているゲームについてゆるく語るブログ。wii・DS・3DS作品中心。(たまにレトロゲーム) ※二次創作サイト・村立☆にゃあみぃ傭兵団(URL: http://nyarmie.web.fc2.com/ )の更新報告も兼ねてます。

「やっぱり便利だ、仲良し度」 ウルトラサンムーンプレイ日記#7

3DSのテーマに「プラズマ団BW」と「プラズマ団BW2」が登場して喜んでいる昨今です。
3DSがゲーチス仕様に! やったぜ!
次はフラダリさんかな!(゚▽゚*)
ポケセンのRロケット団キャンペーンも盛況の模様。
悪ボス奔流が止まらない、実に素晴らしい傾向だと思います。やったぜ!
しかし悪ボスの皆さんって、皆なんであんなにカッコイイんだろうなぁ…
全員スタイル抜群だし。
なんか悪ボスになるための審査基準があるような気さえしてきます。

続きにて、プレイ日記本編です。今回はマリエシティ~マーマネの試練突破後のマリエ庭園です。


ウラウラ島に上陸。マリエシティに着きました。
すっかりご無沙汰だったが、たまにはカフェに寄ってみるか。あわよくば「ふしぎなあめ」が貰えるかもしれん。
そんな気持ちで席についたところ、
なんかポケモン回復コーナーの方から声が。

あー いいなあ!
私も 休む!!


回復お姉さんがスッタスッタとこちらに歩いてきて、主人公の隣に座りました。

マジかよ……。

お姉さんは言いました。(台詞は例によってウロ覚えです)
「ポケモンを回復する仕事をより良くできるように、
私もうまくサボって回復するの!」

……なんて共感できる台詞なのでしょうか。
そうだよ! 私も仕事をサボることがあるけど、
それもすべて、サボり後にシャキッと効率よく仕事するためなんだからねっ!!!
適度な休憩大事! めっちゃ大事! 本当に大事!!!
……どうしようもない言い訳を熱弁してしまった。
まぁいいや、ポケモン本編の話に戻ろう。

マリエシティ図書館に行きました。
1Fにはナリヤ・オーキドがいます。
なんでも、アローラのペルシアンを見せてくれとかなんとか。
それはいいですが、実のところヌシールが溜まっていて、ナリヤ・オーキド本人から「アーカラのビーチに来てくれ」って連絡が来てたんだけど、行くのサボってたんですよね。今ここでヌシールとぬしポケモン交換できませんかね? …ダメか。

2Fにはリーリエちゃんとアセロラちゃんがいて、脳内のスケベ主人公が大喜びしました。
(はぁ……なんという素晴らしい眺め……/// ずっとここに居たい……////)なのだそうです。知るか。
外見的には眼鏡なんかかけちゃったりして、見るからに「優等生風」なんだけどね。見た目と内面は必ずしも一致しないということで。(よく分からないプレイスタイル)

ジム・オブ・カントーなるモグリの(?)ポケモンジムがあったり、
その辺のおじいさんに、
□→△→▲→●→○→▲→■→○→△→□の順で街を歩かされたり、
地味にカオスな街だと思います。

10番道路では、ヌイコグマ探しを手伝ったり、バス停の標識を持って帰ろうとするアホなスカル団員に遭遇したりと、前作とあまり変わらない展開を経て、ホクラニ天文台に到着しました。
マーマネの試練をこなすためには、デンジムシたちを揃えなければならないので、探しに行きます。
食事の時間が終わったけれど、まだ食事をしているデンジムシたちを集めてこなければとかそんな感じです。
横にずらっと整列しているデンジムシちゃんたちがめっちゃ可愛いです。
デンジムシ並べのパズルを解くと、いよいよぬしポケモンと対決です。
前回のぬしポケモンはクワガノンだったので、炎タイプ技を使えるポケモンを先頭にした方がいいかな、と、
「ほのおのきば」持ちのルガルガンを先頭にしましたが、
出てきたのは巨大トゲデマルでした。
トゲデマルは「でんじは」をやってきました。
こっちがいつもレアコイルにやらせている技です。
やられる方はたまったもんじゃありませんが、ウチのアーボックは気合いでマヒを治していました。
いやー仲良し度って本当に便利便利。
それにしても、ひるみ攻撃の「ビリビリチクチク」が痛いです。
気合いで直してなければ、マヒ+ひるみでえらい目に遭っていたことでしょう。
仲間呼びで呼んでくるエアームドが「おいかぜ」で確実に先制を取れるようにしてくるので、さらにイヤらしい。
ただ、こちらのレベルがかなり上がっていたので、思ったほど苦戦はせず、突破しました。
アレ? 序盤のハラに負けてはイリマに負けて、オニシズクモやラランテスに苦戦させられたあのノリはどうなった?
ここは前作の方が苦労したような気がするんだけど……、
やっぱ仲良し度上げすぎて、楽になりすぎた???

帰り道のホクラニ山道では、
断崖絶壁の変な場所にゴルファーさんが立っていました。
あんな場所の相手とどうやってバトルするの? って思っていたら、
彼の目線に合う位置が、遥か下の方にありまして、その地点に立った時点で見つけられて、
まさかの遠隔バトルです。
物理的にどうやってバトルしたんだろ……。XYの「スカイバトル」と違って、飛行ポケモンじゃなくても普通にバトルできるんだけど……。
それにしても、あのゴルファーさん、どうやってあの場所に踏み込んだんだろ。どうやって帰るつもりなんだろ。
リザードンのライドギア使うから問題ないのかな。

マーレインさんからお土産の「ロイヤルマスクのマスク」を貰って、ククイ博士のいるマリエ庭園に向かいます。
このマスク、主人公がかぶれたら面白いのになー。
マリエ庭園ではグズマが登場。前作と同じでなんかクダ巻いてます。
ああ! グズマのグソクムシャの「ききかいひ」が発動! なんだか懐かしい。
もう一体のアメモースはレアコイルでサクッと倒します。そのままグソクムシャも倒します。

前作と違って、その場にハウくんがいました。
グズマさんのことがなんだか気がかりな模様です。
今に始まったことじゃないけど、なんというか、やっぱり優しい子だなあ。
今回のハウ君は、前作と違って、ちょっと悩んでいるような台詞があります。
「自分はバトルに負けても楽しいけれど、それだと、ポケモンの「勝ちたい」って気持ちに寄り添えていない。
自分はどうしたらいいのかな。」
……と、そんな感じです。
強いトレーナーになるためには、ポケモンの気持ちを敏感に感じ取る「繊細さ」も必要なようですね。
奥が深いなぁ……。
ウチの脳内のスケベ主人公は、リーリエちゃんをはじめとする女の子たちのことしか考えてないけどね!
なんてこった!

Uサンムーンプレイ日記 目次

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad