みぃ戦記☆

ヘタれゲーマーの筆者が、その時気になっているゲームについてゆるく語るブログ。wii・DS・3DS作品中心。(たまにレトロゲーム) ※二次創作サイト・村立☆にゃあみぃ傭兵団(URL: http://nyarmie.web.fc2.com/ )の更新報告も兼ねてます。

「リーリエちゃん!!!」 ウルトラサンムーンプレイ日記#13

録画してずっと溜めてたアニメポケモンサンムーンを3週間ぐらいかけて一気見して、全部見終わったんですが、
どの話もすっごく面白くて、とっても幸せな3週間でした!
ちょうどウルトラサンムーンプレイ中のタイミングで見れたのも良かったです。
今回のアニポケは、ゲーム内の話とかなりリンクしているので、
たとえば「あっマオの試練! そうそう! こんな感じでぬしポケモンが手ごわかった!」
みたいに共感する感じで楽しむこともできました。

ギャグ回はとことんカオスだし、シリアスな回はとっても濃いし、評判が高いのもとってもよくわかります!
ゲーム本編に出ていてまだアニメの方に出てないキャラも多いので、
いつ出てくるのかな……と楽しみにしています。

続きにてプレイ日記本編です。今回はウルトラスペース~帰還です。


ウルトラ調査隊のようなコスチュームに着替えた主人公は、ついにウルトラホールへ突入!
今回は前作のような狭い洞窟のような場所ではなく、宇宙空間のような場所を飛んでいくんですよね。
ルナアーラに乗って、というのも胸熱です。
ジャイロセンサー操作で、3DS本体を傾けたり動かしたりして操作します。
この操作方法のゲームは、個人的には「顔シューティング」や「ポケモンARサーチャー」以来ですわ。
でも、まぁ、割とイケます。必ずしも狙ったところに入れるわけじゃないけれど。

ウル調のお二人には「白いワープホールに入れ」って言われていますが、
そんなことを言われると、わざと他の色のワープホールに入ってみたくなりますよね??
…というわけで、あれこれ色んな色のホールに入ってみましょう!

赤いワープホールに入ってみました。
「681光年先のワープホールに到着した! ここにはネクロズマはいないようだ…」と表示されました。
ふむ。681光年先か(※)。えらく遠くまできたものだな。帰れなくなったらどうするんだろ。
ゲームシステム的に「帰れない」なんてことは絶対にあり得ないですが(バクとか発生しない限り)、
もしこれがリアルだったら、ちゃんと元の場所に帰ることの方が難しいですよね……。
(※○○光年という距離に関しては、ワープホールの色とは関係なく、「飛行シーンでどこまで飛んでから入ったか」が関係あるようです。681光年は現実的にはめっちゃ遠い距離ですが、ワープホールとしてはめっちゃ近所ですね。)

岩山のようなゴツゴツした場所です。この場所自体はそんなに広くはなさそうです。
場所は「ウルトラスペースゼロ」と表記されています。
奥の方の、いかにも「ここ調べてください!」ってスポットに行くと、オオスバメが現れました。
なんでここにオオスバメが……、てか、こんなところで生息できるのか。
普通に速攻で捕まえました。
引き返すと、「元の場所に帰りますか?」と選択肢が出て、一瞬でアローラの日輪の祭壇の、ウル調のお二人の元へ帰ってこれます。便利だなぁ。

次に青いワープホールに入ってみました。水の多い世界です。ここではLv.60のハスブレロが現れました。
黄色のワープホールの先は、暗い洞窟のような場所でした。現れたのはLv.60のユキノオー。
緑のワープホールの先は、砂漠のような場所でした。現れたのはLv.60のタブンネ。

一通りの色を試したので、距離によってまたいろいろ変化はありそうですが、それはさておいて、
白いワープホールに入りました。
メカメカしい場所で、名前は「ウルトラメガロポリス」。
ここで、ミリンとシオニラが現れました。
(ムーンバージョンではこのシーンでダルスとアマモが登場するんでしょうね)

二人が語ってくれた内容をまとめてみました。シオニラの話し方が少し分かりにくかったので、間違っているかもしれません。
絶対これより上手にまとめているサイト様とかありそうなんだけど、ま、いっか。とりあえず書いてみます。

ここの世界ではネクロズマは「かがやきさま」と呼ばれ、この世界にエネルギー(光)を与えてくれた。
しかも、ウルトラホールを通じて、はるか遠くのアローラにもそのエネルギーを送っていた。
しかし、先祖たちが欲張って(何をしたのか)体の一部を失ったネクロズマが暴走してしまい、
そのために、ネクロズマは今までとは逆に、エネルギーを奪うようになってしまった。
だが、体の一部を失ったネクロズマは奪ったエネルギーを制御することができず、苦しみ続けている。
ウルトラメガロポリスの人々は、科学の力でネクロズマを鎮め、科学の力による光(エネルギー)の世界で暮らした。
ネクロズマも、この世界の人々も、望まぬ形で長い年月を過ごしてきた。
ネクロズマを助けてあげて欲しい。


へい。アローラに来て数週間の新米トレーナーだけど、まぁ頑張ってネクロズマを助けましょう。
しかしこのネクロズマ、いや「ウルトラネクロズマ」、めちゃくちゃ強いって家人が言ってたけど、大丈夫なんだろうか……。
家人によると、旅パのほとんどが、彼の素早い一撃に耐えられず、ほとんど何もできずにバタバタと倒されてしまったので、
しょうがないからウルトラネクロズマ対策用のポケモンを作って挑んで突破したんだとか……。
(ちなみに家人も私も、「戦闘中アイテムを使わない」縛りでプレイしています。ただ、この話だと、回復アイテム使ったとしてもキツそうです)

まぁいいや。とりあえずバトルしてみよ。ちゃんと事前セーブもしたし、全滅したらその時考えりゃいいや。

ウルトラネクロズマは、「シ……シ……シカリ!」という謎の鳴き声を発して襲い掛かってきました。
変わった鳴き声だなぁ。しかり……叱り? 然り?
それにしてもウルトラネクロズマさん、色違いのゲーチス様のモノクルを両目にはめたようなお顔していらっしゃいますね。

ウルトラネクロズマのレベルは60。
こちらのレベルは、アシレーヌ(61)、アーボック(59)、オンバーン(65)、ミミロップ(58)、ジバコイル(60)、ルガルガン(59)です。

いくぞ! デッデッデデデー

アシレーヌを出したところ、ネクロズマはフォトンゲイザーを使ってきました。
めっちゃ削られました。しかし抜群ではないのでなんとか耐えました。
こっちは「こごえるかぜ」を撃ってみました。
氷が抜群で通りました。でも所詮、威力55の技、少ししかダメージを与えられません。
大丈夫か……!
もう一発フォトンゲイザーを撃たれてやられてしまいました。

オンバーンを出して、りゅうせいぐんを撃ったところ、抜群でした。こいつはドラゴンタイプか……!
しかし反撃のりゅうのはどうでやられてしまいました。

ジバコイルを出しました、フォトンゲイザーは半減受けできましたが、それでもゲージが黄色くなるまでダメージを受けました。2発目で倒れました。
次に出したアーボックはフォトンゲイザーで抜群で倒されました。
どうやらフォトンゲイザーはエスパー技で間違いないですね。おそらく特殊の方の。

こんな感じで、ポケモン出してはダメージ食らって、技撃って、2撃めで倒され、みたいなことを繰り返していたら、
倒せちゃいました。
りゅうせいぐんを覚えさせといて良かった……。
あと、こちらのパーティーが比較的特防の高いメンバーが多かったので助かりました。
ちなみに、家人のパーティーは物理型主体で、特防の低いメンバーばっかりだったので、相手よりレベルが上がっていたのに苦戦してしまったのだとか。この辺は、運ですね!

アローラに帰ってきました。
ルザミーネが、ポケモンの痛みに気づけるリーリエの方が正しかったようね、と反省しています。
リーリエ「わたしは、ただ……。それにすごいのは、○○さんですから」
脳内主人公(ホッホッホ! いやぁ、それほどでも……!!!)

ルザミーネが、光を奪われたソルガレオの世話をするから、リーリエに手伝ってと言います。
リーリエも嬉しそうです。もう「あなたがいてもジャマ」ではない。

グズマも「相手を活かすことが 自分も活かすこと…かよ…」としみじみしています。
今回のグズマさん、なんだか一皮むけていい男になった感じですね。

そして、リーリエちゃんは、言いました。
「○○さん……
わたし なにも できないけれど
応援していたんです」

脳内主人公は、脳内で言いました。
(何を言いますか! あなたの! 応援の! おかげで!
私は! 頑張れたんですよ……!!!!!)

脳内主人公、めっちゃ幸せそうです。もはや有頂天。
よかったね。

脳内主人公(ああ! 最高です! 最高ですアローラ! ありがとうありがとうアローラ!!
リーリエちゃん! リーリエちゃん! リーリエちゃああああああああん!!!)

……良かったね。


Uサンムーンプレイ日記 目次

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad