みぃ戦記☆

ヘタれゲーマーの筆者が、その時気になっているゲームについてゆるく語るブログ。wii・DS・3DS作品中心。(たまにレトロゲーム) ※二次創作サイト・村立☆にゃあみぃ傭兵団(URL: http://nyarmie.web.fc2.com/ )の更新報告も兼ねてます。

「スイッチぽっちぽち」 ウルトラサンムーンプレイ日記#23

RR団のイベントは濃ゆい……なんといっても濃ゆい悪ボスたちが集結していますからね!
なんで悪ボスたちが濃ゆいかって言うと、各作品のテーマの重要な部分を担っているからだと思います。
今後のシリーズではどんな悪ボスたちが登場するのか……ますます楽しみになってしまいます!

あと、RR団イベントの嬉しいところは、グラフィック面です。今回のUサンムーン、第六世代までと比べてグラフィックが格段に進化していますので、当作品で悪ボスたちが登場するということは……最新のグラフィックで悪ボスたちを拝むことができる、ということでもあるのです!
なんてこった! 素晴らしい! ワンダフル! マーベラス!
ああ、書いてたら何だかアクロマっぽい口調になってしまった。

続きにてプレイ日記本編です。今回はRRの城・右側階段ルートのボス部屋までです。


RR団の城の右側の階段のルートに進みます。
ラストに待ち受けるのはサカキで決まりとして、
これまで、マツブサ・アオギリ・アカギという順番で攻略してきました。
たまたまかもしれませんが、これってほぼオリジナル版の発売順ですよね?
そう考えると、次に待ち受けるのはゲーチスということに……なるのでしょうか……???

こちらのルートでは、なんだか赤いニャースの像が見張りをしています。
像に見られないように、そっと後ろに回り込んで背中のボタンを押すと、像の向く方向を変えることができるというパズルになってます。
……どうして赤いニャースなのでしょうか。

とあるしたっぱ団員が言ってました。
「ニャースにみつかったら 入り口に戻るの どうしてなの?」
……こっちが知りたい。

それにしてもこれまで、何人ものしたっぱたちを相手してきましたが、
ベトベトンを連れているしたっぱの多いこと、多いこと。
以前、マツブサの部屋にたどり着く前に「アローラの地方のベトベトンを見るためにエーテルパラダイス乗っ取り作戦に参加した」したっぱがいたことは先述の通りですが、
「いたみわけ」持ちベトベトン、「だいばくはつ」持ちベトベトンなど、実にバリエーション多彩ですな。
どんだけしたっぱたちに愛されてるんだよベトベトン!

部屋の前のしたっぱが言いました。
「奥の 部屋の 男に 大きい スイッチを 運ばされたが
いったい なにに 使うんだろうか?」

ほほぅ……大きいスイッチ………………、
ニンテンドースイッチかな!!!(゚▽゚*)
最近は、そろそろ品不足も解消されてきたので、思い切って買っちゃうか!
それか、FEやメガテンのスイッチ版が出るまで待つか……。
考え中なんですよ!
大きいスイッチだと、持ち運びはちょっと不便かもしれないけど、手元で大画面で遊べちゃいますね!
需要はあるかもしれません!

…………じゃあなくて、
スイッチと言えば、あの人ですよね、あの男しかいません。
どんだけスイッチが好きなんでしょうか。もうスイッチと結婚すればいいのに。
いや、それだと博士が悲し…………ゲフンゲフン、なんでもありません。

そーっと扉を開けると、フラダリさんが後ろを向いて立っていました。
いまさらですが、どうして悪ボスの皆さんは、揃いも揃って後ろを向いて立っているのでしょうか。
お尻でもつつかれたいのでしょうか???

話しかけると、フラダリさんが足元から舐めるようなカメラワークで映し出されます。
足、長いなーーーーー!!!
XY当時のキャラグラも3Dではありましたが、等身が小さかったんですよね……。
今回はだいぶ公式絵のイメージに近い等身になってます。

フラダリさんがこっちの世界に飛ばされたのは、最終兵器を起動させたタイミングだったのですね。

それにしてもフラダリさん、なんかカフェのマスターのような謎の手の動きをしている……。
カフェのマスターのあの手の動き、いつもいつも気になってしまうんですよね。
「話をする際の身振り手振り」ってことは、頭ではわかっているんですが……!

フラダリ「だが わたしの なすべきことは
どこに いても 変わらない」

うわ! 迷惑!!!!!

フラダリ「争わず 奪いあわずに 美しく 生きていくには……!」

あっあっあっ、争ってないよっ!
アローラの人たち、全然、争ってなんかいないんだよっ!!!
めっちゃ平和なのに…………!!!!!
あああああああー 余計なことするなよーーーーー!!!!!

うーむ。今までのRR団の悪ボスたちの中で、一番「迷惑度」が低かったのは、アカギさんだったような気がする……。
アカギさんのこと、それまでただの中二病だと思っていたけど(←半分は冗談です)、なんか見直したんだぜ。
……って、比較対象が悪いですよね……なんたって、悪ボスたちですもんね……。

フラダリ「わたしの 後ろに ふたつの スイッチが ある」

うおおおおー! スイッチきたーーーーー!!!!!

XY本編同様、どっちかのスイッチが最終兵器を止めるスイッチなので、選べということです。
歪みない男だ……。

えー。どうしましょっか。
XY本編では「青」のスイッチが正解だったので、
今回は敢えて、「赤」を選んでみましょうか。

ポチっとな。

フラダリ「… … …  … … …」

……なんだこの沈黙!
ヤメてよ、先が気になるのに、こうやって勿体をつけるの、本当にヤメてよ、フラダリさんっ!

フラダリ「残念ながら きみは 選ばれし 者では ない!」

えーーーーー。
なんでーーーーーーー。
一生懸命がんばって、決死の覚悟で、選んだのにーーーーーーー。

フラダリ「きみは きみ自身の手で 守るべき 世界を 破壊する……」

あああああー アローラ終了のお知らせか……
うわーーーーーーん。・゚・(ノД`)・゚・。

フラダリ「だが……最終兵器が 動くまで まだ 時間が ある
それまでに もうひとつの スイッチを押せば 解除できる」

ん……? 救済措置か……???
てか、ちょっと疑問に思ったんですけどフラダリさん。
最終兵器って、本当にアローラのどっかに設置されてるんですかねぇ???

これまでアローラの隅々まで見て回ってきたけれど、そんな怪しい装置はどこにもなかったんですけどねぇ???

……ハッタリなのか??? なにがしたいんだ、この男は。

ま、まぁ、カロス地方の最終兵器が、長距離弾道ミサイルを発射する機能を持っている……可能性も……;;;
なんといっても、「最終兵器」ですからねぇ。
アローラの運命は主人公の双肩にかかっているのだ……!??

フラダリ「きみの 未来と わたしの 未来
どちらが 正しいのか お互いの ポケモンに きくとしよう」

そんなこんなでダリさんとバトルです。
バトル開始前のフラダリさんの笑顔が、なんか、黒い……。

バトルBGMがフラダリ戦のアレンジでカッコイイですな。
これまでの悪ボス戦に関しても同様ですが、フラダリ戦BGMは特に思い入れのある曲のうちの一つなので、
特別嬉しいとうか……何度もループして聴いた思い出……!

フラダリさんの手持ちで印象的だったのは、ドンカラスが「サイコキネシス」を撃ってきたこと。
これはちょっと意外でした。
Uサンバージョンなので、フラダリの手持ちの伝説ポケモンは、ゼルネアスです。

フラダリ「きみの 心の 奥底で 燃える 信念の 炎……!」

いや、ウチの脳内主人公にそんな良いものはないよ。欲望しかないよ。残念ながら。
なんで悪ボスの皆さんって、主人公のことを勝手に勘違いするんでしょーねー。

フラダリさんは、言いました。

「きみのようなトレーナーがいれば
わたしは 別の道を……」

おっ? フラダリさんも悩み始めている……?
アカギさんのように……?
フラダリさんって、本来は人々の為になるようなことができる素晴らしい人物なんだから、
これ以上、愚かなことは、やめましょうよ…………。

フラダリ「いや わたしが 変わることは ない!」

……え?

フラダリ「世界を美しく変える可能性があるならば!
わたしはその道を進む!
たとえ一握りのなにかしか救えなくとも!」

あああ……。
コイツもか…………。
コイツも、性懲りもないヤツだった………………。
「性懲りのなさ」ってのは、いわば、悪ボスになるための重要な資質のひとつかもしれません。
しょうがないねー。
でも! 頼むから! アローラもカロスも壊さんといて;;;
本当に頼んますよーーー お願いーーーーー;;;;;

フラダリの言う通り、もう一つのスイッチを押したところ、
鏡の扉のワープポイントが起動しました。これでやっとその先に進むことができます。

それはそうとして、気になることが。
あの時、もし「赤」のスイッチではなく、「青」のスイッチを押していたら、
どうなっていたのか……。
リセットして、やり直してみました!

「青」のスイッチをぽちっ。

フラダリ「… … …  … … …

残念ながら きみは 選ばれ 者では ない」

なんだよどっちを選んでも不正解ってことかよ!!!
いったい何のためのスイッチなんだよ。
ズルいズルいフラダリさんってば、ズルい!
本当に、美しくない!!!!!


Uサンムーンプレイ日記 目次

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad